ほくろ取り手術

ほくろってあっても困らないことが多いですが、場所や大きさによっては凄いコンプレックスになることがあります。
私もその中の一人で、小学生の頃から鼻のど真ん中にあるほくろがコンプレックスでした。
薄くもなく小さくもないそのほくろが嫌でした。
他人は別に気にならないし全然大丈夫だよと言ってくれてはいましたが、鏡を見るたびに自分は鼻の真ん中にあるほくろが気になって仕方ないのです。
そして中学生に上がった時、勇気を出して母にほくろを取りたいと相談しました。
すると昔からコンプレックスだったことを知っている母は一緒についてきてくれて、中学2年生の時にほくろ取りの手術を受けました。
部分麻酔を少ししてレーザーで焼いていくんですが、若いから傷が残ったら大変ということでお医者さんが表面上だけ焼いてくれるというとても良いお医者さんでした。
今少しづつほくろが復活しつつあるのでまたほくろ取りしたいと思っています。