メイク専門学校はどんな化粧方法を学ぶんだろう

今の若い子たちの化粧の仕方は目を黒く囲み、まつげを伸ばせるだけ伸ばしそれで足りなければ付けまつげを付け、目の下のふちには白いラインをいれるというもののようだ。しかもみんな同じ顔になっている。雑誌に記載されている化粧そのものなのだろうか。メイク専門学校の方たちはこのみんな同じ顔メイクをどう感じているのだろう。その前にメイク専門学校の方たちもそんなメイクなのだろうか。だったら学校なんていらないような。わざわざ学校に行ってるってことはどんな化粧方法を学んでいいるのだろう。あ、ブライダル用とかパーティ用かな。この二つは通常のメイクとは全くの別物だから学校で習う価値があるものだろう。普段のメイクは適当でいいけど、晴れの舞台ではキッチリとメイクしたいものだから。