婚約指輪は、ある日突然に。

思い出に残る婚約指輪とは、もしかしたら、こんなかも・・ですね。
まだまだ結婚なんてはやいと思っていた女性がおりました。
彼女には、友達感覚でお付き合いの男性がいたのですが、
それがなかなかの硬派でもあり、また、性格のいいひとでもあり、
いいことは、いいのですが、恋人としてのお付き合いや、
お互いの気持ちを確認したわけでもなく・・。
お互い好感は、持っていたようで・・。
急にある日切り出した・・男性の方がです。
「結婚したいひとがいる、そのひととは、
結婚してからが恋人で彼女だったらいいなと思って」というのです。
決して押しつけがましくなく それでいて爽やかで、両想いだったようで、
その場に男性は、婚約指輪も用意していて、
話はすぐに決まったようで、よかったですね^^